色眼鏡

query_builder 2022/08/12
ブログ
CIMG3596

最近は、新規従業員獲得の為に面接を行ったり、あはきで施術所登録してある事業所にお客さんとして施術を受けに行ったりと、次に向かって動いております。


コロナの再流行もあり、8月9月はゆっくりで、10月後半ぐらい~紹介等々動き出す訪問マッサージ業界の例年の動きも見越し、体制を整える目的が一つと、他事業所との情報交換や施術の勉強にもなればと思って行動を起こしている訳ではありますが…


20代の時は↑あんな感じのイケイケのボクサーで、今でもベビーフェイスな私を見て、恐らく誰も訪問マッサージ業を経営しているとは思わず、まあまあ口の利き方がなってらっしゃらない施術者に良く会います。


大体そう言う方は、施術も自分よがりで全然学べる物が無く、お支払いをする時に私の名刺を出し身分を示すと、手のひらを返した様な対応をするので、面白い。


ボクサー時代なら右ストレートで顎を打ち抜いていたかもしれない。


そんな施術者を見ると…弊社の従業員には視覚に障害のある者もいますが、治療技術や患者様orお客様への対応等、どれをとっても圧勝だと感じます。


初めて視覚障害者を雇用した時、勿論私も一緒に仕事する機会などなかったので不安もありましたが、それこそが色眼鏡だと感じます。


彼ら彼女らも一人一人の人間であり、その人を見て付き合えば何ら問題も無く、今では朝から十数件の患者様を治療する施術家へと成長してくれています。


私は、視覚に障害があろうがなかろうが、キチンと資格を持ってやる気のある方に担当する患者様を作るのが仕事。


ある者は『使い物にならなくなった指を持つ自分を雇用してくれて有難う』

と感謝してくれ、

ある者は『コロナで職を失った自分を雇用してくれて有難う』

と言ってくれる。


こちらこそ、私と一緒に働いてくれて有難うといつも従業員に感謝している。


皆で頑張って、患者様に『有難う』と感謝される仕事でしっかり利益を上げ、ボーナスを渡す時が一番嬉しく思います。


視覚障害者とバディーを組む女性ドライバーさんを雇用した時も、年齢的にも50代後半で、全くの未経験という事もあり、(大丈夫かな?)と私自身が色眼鏡で見ていましたが…今では誰よりも信頼のおける存在に迄成長してくれました!!


これだから会社経営は辞められない。


男女が夫婦になる時と一緒で、嬉しい時は喜びも何倍にもなるから楽しいのです。


今後の勝手な目標として、まだ手垢のついてない来年の新卒の子を雇用し、1から教えて育てて行きたいと思いつつ、今直ぐの人手も必要になってきますので、年齢性別問いません。

※視覚に障害があっても構いません。


あん摩マッサージ指圧師の資格をお持ちの方(鍼灸あればなお歓迎)を募集しています。


まだまだ3年目の若い会社ではありますが、恐らく何処の事業所の代表より強いと思います!!


は、冗談ではありますが、北九州市でNO1の訪問マッサージ治療院を目指していますので、このブログを見た皆様からのご応募やご紹介等宜しくお願い致します。


鍼灸訪問マッサージ心蓮 田原淳二

NEW

  • 古希

    query_builder 2022/11/27
  • 発毛

    query_builder 2022/11/15
  • 訪問マッサージ業の醍醐味

    query_builder 2022/11/08
  • ふんどしを締め直す

    query_builder 2022/10/22
  • ワークライフバランス

    query_builder 2022/10/13

CATEGORY

ARCHIVE